フィンセント・ファン・ゴッホの生涯

オレンジ、黄色、緑色の鮮やかな色彩で、力強く描かれたひまわりの絵。あの有名な画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品は知らない人はいないと言っても過言ではないくらい、たくさんの人に愛されています。
フィンセント・ファン・ゴッホは、ポスト印象派の代表的な画家として現在高い評価を得ていますが、亡くなるまでに売れた絵はたった一枚だけでした。
それは、『赤い葡萄畑』という絵です。フランスのアルルにある葡萄畑で農作業をする人々の様子が描かれています。夕方の沈みかけた太陽が黄色く輝いているのが大変印象的です。
この作品は、ゴッホが亡くなる5か月前にベルギーで行われた展覧会に出品されました。
購入者は、ゴッホがアルルにいた時代の友人であった詩人のウジェーヌ・ボックの姉で、女流画家のアンナ・ボックで、400フランで購入されました。
現在はモスクワ・プーシキン美術館に展示されています。

なぜ、ゴッホの作品は売れなかったのでしょうか?
ゴッホはどのような人生を送ったのでしょうか?

このサイトでは、ゴッホという人間の生涯と作品を照らし合わせて、ご紹介していきます。